2011年04月

がぁぁぁぁ~ん(T△T)

数少ない(って言うか無いに等しい)自慢の一つに『40歳過ぎても白髪が無い』ってのがあったのに
今年に入って白髪3本も見つけたよ、ショッ~~~~ク
実家の母も真っ黒だった髪が閉経むかえるころになって急に白いものが混じりだしたとか。
似たんだね、ってことは30年後はあぁなるのね
そして、健診の仕事で、採血続けてしてたら、針先の向き確認するのに一瞬霞んで見えたり。
老眼の入り口
眼鏡に無縁なのも数少ない自慢やったのに
老いってことが、ひしひしと身に染みる今日この頃
老いる外見にとらわれず、内面を研かないとね
 ま、そこが一番難しいことやけど
不老不死の薬と言うけれど、不死はいらないから不老の薬が欲しい

c8e396d7.jpg
話変わって、今日の散歩コースはいつもとちょっと変えてみた。
野生(?)のつつじがあちこちに咲いてました
ちょっと小ぶりでかわいい














acc32c9d.jpg気を取り直して、ボニゴンと散歩してたら、ちびごんが自転車に乗って付いてきたから、ちょっとだけ遠出
最近自転車を飼ってから行動範囲が広がったちびごん。
3~4匹の亀が甲羅干ししている静かなスポットを発見したらしく、案内してくれた
5年生にもなるけど、そんなのが嬉しいんやね、素朴すぎてかわいすぎて泣けてくるわ。。。

ちびごんにボニーのリードを持ってもらい、20数年ぶりに自転車に乗ってみた。
けど。。。。
けんけん乗りしようと思ったけどとんでもない
いざ乗ってみたら、めっちゃグラグラして、チョ~~~怖かった
こんなのに乗って、高校時代小高い丘の上の学校まで40分も通っていたなんて信じられへん
そして今日のブログの最初に戻るのであった

ボニーはママに置いて行かれるのかと思ったらしく、慌てて走ってきた
それにつられてちびごんもメッチャ走ってきた、ごめ~~ん
やっぱり歩いてのんびり散歩に限るね。
GWはどこも行かない代わりに、ちびごんと散歩がてら、普段歩かない道を散策してみよっと

GWは予定なし!!

bddc2216.jpg
久々に気持ちいい天気
午前中はゆっくり散歩
『お日さままぶしくって、風が気持ちいいねぇ』って言うてるのか、『さっさと写真撮って散歩続きしてぇな』って言うてるのか、よくわからないレオンお坊ちゃま(笑)
 終始軽やかな足取りで散歩してました












5bbc3e0c.jpg
赤いオダマキが咲きました
何でこんな複雑な格好してるんやろ
すごい綺麗で、まだ花の少ない花壇でひときわ存在感あり

お昼前から久々にパパとデート
行先は。。。ねえちゃんの高校の文化祭。
豪華ランチは学食の500円のラーメン&天津飯セット。
お味は。。。
今年卒業したにいちゃんがあまり行きたがらなかったのが納得
ねえちゃんは家庭科研究部にさっそく入り、今日は喫茶店をするので、ケーキチケット販売が13時からと聞いてたけど、20分前には長蛇の列
ママたちの20人くらい前でチケット完売、二人揃って来たのに、何しに来たんだ。。。
ねえちゃんたち1年生はは終始家庭科室でお皿洗いだったらしく会えなかったけど、色々見て回って楽しかった
保護者や卒業生、他の学校の生徒もいっぱい来てて大盛況
ママが高校生の時はもめごとを避けるため文化祭は平日、他校生徒は出入り禁止やったからしょぼかった、しかも彼氏なんていなかったからつまんなかったし~~~
学生気分でパパと回れて楽しかった
来年はもっと早い時間から行って、色んな催し物見ながら、また学食の安い味を楽しみながら(笑)、家庭研究部のケーキチケットゲットしたいと思います

ちょっと前にも書いたけど、喉と肩の調子がおもわしくなく、痛み止めが無いと、夕方になると横にならないと居られないくらい調子が悪い日々が続く。
右の背中から脇をたたくと鈍痛があり、2年ほど前に言われた腎結石(先生に放置して良しと言われた)もマジで放置してたし、大きくなってたらこれまたマズイと思い水曜日に泌尿器科で診てもらった。
そしたらエコー上結石もなく検尿もメッチャ正常、ってことで、右脇~背中の鈍痛はやはり肩から来ているのか。。。
で、同日耳鼻科も受診したけど、なかなか腫れがひかないので先生にまたまたいきなり「カメラしてみましょう」と経鼻内視鏡を左の鼻から入れられた。。。も~~~~激痛
去年通院し始めたころほどひどくないけど、やはり舌根扁桃がガッツリ腫れて気道を圧迫しかけているとのこと。
で、またまたきつい抗生物質に変更
それでも今日はまだ喉の詰まったような強い違和感に肩~腰の痛みが連動悪化。。。
もう一体どないしたらえぇね~~~~~ん
抵抗力をつける目的でニンニク卵黄飲みだしたけど、そんなに早く効果が出る訳もなく、臭いはないと言いながらやはり何となく気になる。(気がするだけで実際臭いかどうかは不明。。。)

GW、こんな状態でどこに行く気にもなれず、予定なし。(体調良くても、人ごみ嫌いやからGWに出掛けることはまず無いけどね・笑)
2日夜からにいちゃんが大阪から帰ってくるし、ねえちゃんはガッツリ宿題が出てるし、家族そろって一緒に家でゆっくり過ごしたいと思います


無事、出所(笑)

4ca3f489.jpg
件のドーベルマン君、本日無事出所いたしました。
センターでは、ストレス性の下痢なども無く、元気いっぱいだったようで、今日も元気に帰ってきて、しばらくするとドッカリ横になってグウグウ寝ておりました(笑)
これで、3ヶ月間の保護期間(7月中旬まで)に入ります。
お心当たりの方は三木署に連絡していただければ、保護主さんに連絡が入るようになっております。

保護主さんのお宅では既にドベ君が1頭おり、長期の保護は難しいので、保護主さん了承のもと、しっかり躾ながら保護していただける方のもとで暮らすことになっております。
3カ月以内に飼い主さんが現れればお返しする、現れなければ責任を持って里親を探してくださいます。

日本語でも英語でもドイツ語でもコマンドは一切入らず、オスワリなどは一切できません。
少しリードを持って庭周囲をウロウロしたけど、全く引っ張らない、そおかわりおそらく引っ張り出すと制止もきかないと思います。
アメリカンタイプのドーベルとのことでした。
かなり人懐こくてかわいい半面、バリケンに入ったことがないのか、すんご~~~~い抵抗しまくる頑固ちゃんでな一面もあり、おやつで釣りながら、かなりゆっくり時間をかけたけど、なかなか&なかなか入ってくれず
バリケンを車から降ろして、何十分かかけて、なんとかハウスさせ、二人でバリケン担いで車に乗せるなど、どえらいことでした
帰りの車の中でもかなり鳴いていたようですが、現在、新しい保護主さんのお宅で、サークルの中でくつろいでいる姿を見せていただき、安心しました。

保護主さんのお宅では「次郎(仮名・笑)」だったようですが、それもなんなので(笑)アスラン(暁と言う意味)→ママの大好きな「BANANA FISH」という20年前のマンガの主人公の本名にしようと思いましたが、呼びにくいので、アスランの通称「アッシュ」にしていただきました

たくさんの方にご支援いただいたおかげで命をつなぐことができました。
ありがとうございました
今後、飼い主さんが現れる、または保護期間が過ぎ、新しい飼い主さんの元へ行くことになったなどの変化がありましたら、またその時はご報告させていただきます。

以上で、迷子のドーベルマン君の報告、一旦終了とさせていただきます。

迷子のドーベルマンについて

保護ドーベルマン君について(23日夜一部追加)

土曜日にブログアップした時は半ばあきらめていましたが、相談させていただいた友人からアドバイスを受け、最初に保護して警察に届けられた方なら、全てではないが愛護センターから引き出せる場合があるという情報をいただきました。
保護主さんに事情をお話したところ、保護主さんも苦渋の選択で愛護センターに引き渡したものの、あちこちに声をかけたりと飼い主さんを引き続き探しておられたそうです。
センターからの引出しの協力を依頼したところ、引き受けてくださり、今朝、愛護センターに行ってくださいました。
センターのほうでも、飼い主が現れるかもしれないということで、殺処分はもう少し先にして待つと考えておられたようです。(何でもかんでも殺処分じゃないのね、申し訳ありません。。。)
センターでは冷暖房完備でフードなどは十分与えているが、散歩などは十分出来ず、見知らぬ環境による犬のストレスがとても大きいので、引き出すなら早い方が犬のためにはいい。
ただ、一時の感情で引き出しても、その後の飼育環境も合わせてきっちり面倒を見られるのか(実際引き取ったもののやはり面倒を見られないと言われる方もおられるそうです)、返って犬にかわいそうなことにならないかなど、センター、保護主さんと話し合われ、早ければ明日にでも引き取りが可能になりました。
このため、愛護センターの収容動物情報からはドーベルマンが削除されていますので、土曜日のブログからもリンクをはずしました。

これで、とにかく殺処分にはならず、三木警察には「遺失物届」が出されているので、3カ月以内に飼い主さんが現れればおうちに帰れることになるそうです。
しかし、今回のように引き取られる犬は特別で、全ての迷い犬や捨て犬が、命を救われる訳ではありません。
土曜日のブログにはかなり感情的に書いてしまいましたが、根本は、愛護センターが悪いのでも何でもなく、ドーベルマンを迷子にしろ捨てたにしろ、こういう事態を引き起こした飼い主がいけないのだと思います。
このようなことのないように、今一度、犬を飼う前に、一生自分で面倒が見られるか、時間も環境もコストも含めて、飼う決断をしてほしいと思います。
既に飼っておられる場合はICチップや迷子札、鑑札をつけるなど、もしもの時の対策を徹底してほしいと思います。

今回のことに際し、コメント、アドバイスのメールをいただいた皆様、ご心配いただいた皆様、友人、保護主様にも、心より感謝しております。
今回の記事で、自分が思った以上に反響が大きく、驚いているのも確かです。
皆さま、本当にありがとうございました。
以上、報告をさせていただきます。

ドベ君が幸せに過ごすことが出来ますように

殺処分が規定???

先週末、ご近所さんがドーベルマンを保護されました。
若い感じのオスで、素人目で見てもかなりいいドーベルマンの気がする。
断耳していないかわいいお顔。
少し臆病ながらも人懐こく、またボニーの顔を遠慮がちにペロペロなめたりしてメッチャかわいい
家の中で飼われていたのか、長い時間トイレを我慢して、散歩に行くとするという感じらしい。
大事にされていたのか綺麗な体で爪もしっかり削れてた。
ただ、あまり躾が出来ていないらしく、スワレなどのコマンドが入らないと言われてた(でも今考えたら、ドイツ語とか英語で教えてあったのかも。。。)
そしてバリケンや車に入れようとするとめっちゃ抵抗して時間がかかったらしい。
でも、噛んだとは言われていなかった。
性格がいいんやろう。
警察に届けてあったので、3カ月保護するか、1週間以内に保健所行き=殺処分対象となっていた。
その家はもう1頭ドーベル飼っておられたので、「殺すのかわいそうやし。。。」と言われていたが、もう1頭世話する余裕がないとのこと。
なので、ママの知り合いにもちょっと聞いてみると伝え、ICチップの確認や探し方や色々説明したのが週末。
その時に動物愛護センターに問い合わせたら「家庭犬は引き取り対象やけど、そういう特殊な犬は引き取り対象ではない」と言われたらしい。
全く意味不明、凶暴で吠えまくり噛みつく小型犬は良くて、おとなしくても大型犬はダメってこと??
月曜の夕方にまたそのうちの方と話していると、駐在さんが来られて、警察で保健所に連れて行きましょうかと言いに来られた。
迷っておられるようだったけど、その場で県内の迷子掲示板に載せてみるからと協力をかって出て一旦思いとどまられた様子やったけど、、結局火曜日午前中に、ママが仕事に行ってる間にいなくなっていた。
飼い主さんが見つかったのかと思ったけど、どうやら警察が連れていったらしい、ってことは飼い主見つからなければ殺処分。。。
初めはてっきり迷子かと思ったし、ドーベルマンみたいなデカイ犬を非常識にも捨てる人もいないだろうと思ってたけど、飼い主現れず。。。捨てたのかなぁ。。。

相談させていただいた友人に保健所に連れて行かれたらしいと言うと、良ければドーベルを見てみたいと言う方もおられたのに残念とのこと。
近所の方が保護されている時に「飼わへん?」と言われたけど、一時の感情で「自分が引き取る」とも言えなかった。
それでもその家の人がしばらく見れらるんだと思ってたけど、仕方ないとはいえ保健所行き。。。
一晩考えて金曜日、午前中仕事しながら話してたら、里親探し手伝うと言ってくださる方もいた。
引き取って後悔するより(それでも世話してるうちにきっと笑い話に変えられる)、見捨てるほうが一生後悔する気がした。
引き取るタイミングを外してしまったけど、うちで引き取って躾ちょっとでもしながら里親探し(里親見つからなかった時のことも考えて)してあげようと決意し、警察に連絡してみると、「動物愛護センターに行った」と言われた。
HPを見ると、譲渡するにあたって「犬が既にいる家には譲渡不可」「登録してから飼育環境など職員が確認しに行く」「譲渡後しつけ教室に通う」などの条件が出されていた。
ま、なんとかなる、いや、なんとかしようと思って、愛護センターに事情を説明し、引き取って里親探してあげたいので殺処分はやめて欲しいと言ったが、こういう場合は譲渡対象の犬にはならず、飼い主以外には引き渡せず、日が経てば(通常3日だが、飼い主現れるかもと思い、まだ処分はしていないとのこと)殺処分と決まっている、の一点張り
救える命があるなら、引き取ると言ってる人がいるなら引き取ってもらってもいいのでは、と何度か交渉したが「飼い主以外には引き渡せない規定ですから」の一点張りの返事のみ。。。
引き取るって言うてるのに「規定で殺処分」は、ど~~~~~~考えてもおかしいやろ
迷子保護されて昨日で1週間、センターに収容され昨日で3日目、ICチップは入っておらず、週明けには殺処分と思われます。。。

飼い主さん、もし探してるなら三木愛護センターにいます、早く行ってあげてください。
捨てたなら、一生反省して、殺処分されるであろう日にはせめて手を合わせてあげてください。
日本での殺処分は、外国のように注射で安楽死させるのではなく、炭酸ガスで何十分ももだえ苦しみながら死んでいくのです。
動物を飼うのなら最後まで責任を持って飼う、どうしても飼えなくなった理由があるなら必ず里親を探すなど、飼う時点で命に責任を持って家族に迎える決意をして下さい。

大きな体でちょっと身を縮ませながらも、初めて会うママにも体をすりよせて、慣れたら飛びついてきたかわいい目を思い出すと泣けて仕方ない。
引き取りを決意してから、パパの説得や飼育場所や名前まで考えてたのに。。。
なんでしばらく面倒見ますって言ってあげなかったんやろ。。。

ドーベルちゃんに飼い主さんが現れることを願っています。
livedoor プロフィール
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ